産経WEST

【熊本地震】高知からも援助隊や救護班

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【熊本地震】
高知からも援助隊や救護班

 熊本で16日未明、震度6強の大きな揺れが連続して発生した地震を受け、高知からは県警の緊急援助隊や日本赤十字社高知県支部の救護班が現地に向かった。

 県警は15日に派遣したヘリ(4人)に加え、16日午前4時40分に広域緊急援助隊(10人)が車両3台に分乗し、熊本に向け出発した。日赤高知県支部も医師2人、看護師6人、薬剤師2人を含む15人が、熊本市に向け出発。いずれも現地での指示を受けて、救助・救護活動や被災情報の収集などにあたる予定。

 気象庁の発表によると、高知では午前1時25分ごろの地震で、宿毛市や黒潮町の観測地点で震度4、高知市や安芸市、南国市、香南市、香美市、土佐清水市など広い範囲で震度3をそれぞれ記録した。また、愛媛でも八幡浜市で震度5弱、松山市などで震度4を記録する観測地点があった。

「産経WEST」のランキング