産経WEST

【野口みずき引退】会見詳報(了)「中途半端で終わりたくなかった」ボロボロになるまで走り続けた理由

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【野口みずき引退】
会見詳報(了)「中途半端で終わりたくなかった」ボロボロになるまで走り続けた理由

野口みずき 野口みずき

 野口みずきは実業団に入ってしばらく過ごした京都のほか、ふるさとの三重の人たちへの感謝の思いを語った。

 -三重県で過ごした中学時代の恩師が、「ご苦労さまと声をかけたい」と話している

 野口「中学時代は反抗期で少しひねくれていた時期もあった。陸上始めたきっかけが中学1年のときに仲の良い友達が誘ってくれたのがきっかけ。本当にいい時期だった」

 -地元・三重県に対しての思いは

 野口「三重の人もよく応援してもらって。たまに実家に帰ることがあると、食事にいく先のお店の方がいつも応援の声をかけてくれて、みんな尊敬してくれているというか、温かく見守ってくれているというか、家族のような感じで迎えてくれる。ありがたい」

 野口「三重県も伊勢もいいところ、今まで長くゆっくりしたこともないので、ゆっくりできたらとも思うし、若手育成もしたいことはしたいが、自分を分析して指導者に向いているかというと、そうではないかなとも思う」

「産経WEST」のランキング