産経WEST

64年前の米軍機墜落事故の遺族が来日…慰霊碑設置に感謝 愛媛・大洲市

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


64年前の米軍機墜落事故の遺族が来日…慰霊碑設置に感謝 愛媛・大洲市

慰霊碑前で事故時の遺留品を遺族のマクマケンさん(左)に手渡す寺田さん=愛媛県大洲市 慰霊碑前で事故時の遺留品を遺族のマクマケンさん(左)に手渡す寺田さん=愛媛県大洲市

 64年前、愛媛県大洲市の山中で米軍機の墜落事故が発生し、搭乗していた14人全員が死亡した。この事故の遺族、キャサリン・リチャードソン・マクマケンさん(64)は最近になって、墜落現場近くの住民らによって慰霊碑が建てられ、手厚い弔いが続けられていることを知り来日。12日に慰霊碑建立の関係者らを訪問し、感謝を伝えた。墜落現場近くに住む碑建立発起人の寺田照夫さん(88)は「長年の慰霊の思いが報われた」と目を潤ませた。

 朝鮮戦争当時の昭和27年8月8日午前2時15分、米軍双発飛行艇が濃霧で大洲市豊茂の金山(出石山)山腹に激突し炎上。乗組員14人全員が死亡した。山上からは爆薬らしき音が何時間も鳴り響いたという。

 消防団員だった寺田さんは山火事を警戒し、消火活動で事故現場に急行。真っ黒こげになった遺体の散乱を目撃した。寺田さんは「パラシュートの梱包をほどき、遺体にかけて花を添えた」と事故当時を振り返る。

「産経WEST」のランキング