産経WEST

立って眠るペンギン、カマイルカの泣き声…海遊館で夜の生き物観察 お泊まり学習の参加者募集

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


立って眠るペンギン、カマイルカの泣き声…海遊館で夜の生き物観察 お泊まり学習の参加者募集

夜間に行動する水生生物の様子を観察する「おとまりスクール」の様子(海遊館提供) 夜間に行動する水生生物の様子を観察する「おとまりスクール」の様子(海遊館提供)

 大阪市港区の水族館「海遊館」は、普段は見られない夜間に行動する水生生物の様子を親子で観察し、持参の寝袋を使って水槽前で宿泊する「おとまりスクール」の参加者の募集を始めた。

 閉館後の静まりかえった夜の水族館で、日中は聞きづらいカマイルカの鳴き声に耳を澄ませたり、首を曲げて立ちながら眠るペンギンの様子を眺めたりでき、平成9年から毎年実施している人気のイベント。早朝は飼育員による開館前の準備作業などの見学もある。

 6月4日から7月9日までの毎週土曜日に1泊2日で計6回開催する。定員は各回40人で、参加費用は小中学生が4500円、大人と高校生以上は7千円。応募は往復はがきで5月2日必着。定員を超えた場合は抽選になる。

 問い合わせは海遊館((電)06・6576・5501、午前9時半~午後5時)。

「産経WEST」のランキング