産経WEST

阪急電車、全ての扉を開けたまま発進 非常ブレーキで停止、けが人なし

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


阪急電車、全ての扉を開けたまま発進 非常ブレーキで停止、けが人なし

 11日午後5時40分ごろ、大阪市淀川区の阪急神崎川駅で、西宮北口発梅田行きの上り普通電車(8両編成)が乗降口の扉をすべて開けたまま発車した。電車は通常、扉が開いた状態では進まないが、下り勾配だったため約6メートル前進。車掌が非常ブレーキで停止させた。乗客約150人にけがはなかった。

 阪急電鉄によると、同駅に停車中に、運転士が前方踏切の異常を知らせる信号を確認。踏切まで徐行運転しようとしていた。運転士は「踏切の安全確認に気を取られた」と話しているという。

「産経WEST」のランキング