産経WEST

奈良・十津川村初の純米酒「谷瀬」誕生 女子大生らも協力

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


奈良・十津川村初の純米酒「谷瀬」誕生 女子大生らも協力

純米酒「谷瀬」をつくった村民や学生、醸造関係者ら=奈良県十津川村役場 純米酒「谷瀬」をつくった村民や学生、醸造関係者ら=奈良県十津川村役場

 新しい特産品をつくって村おこしにつなげようと、奈良県十津川村谷瀬(たにせ)の住民が奈良女子大と県立大の学生らの協力を得て、休耕田を利用して酒米を栽培。村初の純米酒「谷瀬」を完成させた。今後毎年、谷瀬産の酒米で酒造りを行い、将来的には村の「ブランド品」に育てたいという。

 谷瀬地区は村北部にある集落。十津川(熊野川)にかかる鉄線橋・谷瀬の吊り橋(297メートル)は、生活用鉄線橋で日本一の長さを誇る。

 だが、過疎化で地区のにぎわいが失われていることから、「酒好き」という副総代、北谷忠弘さん(77)らが酒造りを提案。地区の住民が昨年、休耕田(約1200平方メートル)で酒米の「吟(ぎん)のさと」を育て、約540キロを収穫。この米をもとに、888リットルの純米酒をつくった。

 田植えや稲刈りの農作業には、ゼミの活動で村づくりを支援する奈良女子大と県立大(いずれも奈良市)の学生らが協力。醸造では美吉野醸造(吉野町)が協力した。

 十津川村産の酒米を使って純米酒が造られるのは初めて。さっぱりと飲みやすく、「谷瀬」と名付け一升(1・8リットル)瓶、720ミリリットル瓶、300ミリリットル瓶の3種類を、村内の酒屋やホテルなどで15日から販売。谷瀬の吊り橋のそばで地区が運営する「つり橋茶屋」でも販売予定という。

「産経WEST」のランキング