産経WEST

1歳園児を洗濯機内に放置…50代の女性保育士に「不適切な行為」と市が指導 三重・名張

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


1歳園児を洗濯機内に放置…50代の女性保育士に「不適切な行為」と市が指導 三重・名張

 三重県名張市の私立保育園で1月、50代の女性保育士が、1歳7カ月の女児を園内に設置された全自動洗濯機の中に放置していたことが9日、市への取材で分かった。女児にけがはなかったが、市は不適切な行為だとして再発防止を指導している。

 市によると、1月26日午後5時ごろ、女性保育士が沐浴室に何度も行こうとする女児を止めようとして、縦型の全自動洗濯機の中に入れ、約1分後に自分で女児を取り出した。洗濯機に電源や水は入っておらず、ふたも閉められていなかった。

 同僚が目撃し、上司に報告。園側の聞き取りに保育士は「女児の動きを止めようとして、とっさにやった。洗濯機に園児を入れたのは初めてだった」と話したという。

 保育園は保護者に謝罪し、この保育士を保育担当から外した。「事態の深刻さを受け止め、再発防止に取り組む」としている。

 保育園は平成22年4月に民営化。4月1日時点で定員は150人、生後6カ月から就学前の児童が入所している。

「産経WEST」のランキング