産経WEST

記念撮影のため枝折り、トイレも汚し「マナー悪すぎや」…中国人客ら大挙、〝爆花見〟に波紋 大阪城公園 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


記念撮影のため枝折り、トイレも汚し「マナー悪すぎや」…中国人客ら大挙、〝爆花見〟に波紋 大阪城公園 

地面に座り込んでポーズを取り、記念撮影する姿も見られた=5日、大阪市中央区 地面に座り込んでポーズを取り、記念撮影する姿も見られた=5日、大阪市中央区

 日本政府観光局によると、平成27年に日本を訪れた外国人客は過去最多の約1973万人。最も多い中国人客は約499万人で、4月の花見シーズンは前年同月比2倍超の約40万人だった。27年、大阪を訪れた中国人客は過去最多の約272万人で、大阪城公園は屈指の人気スポットだ。

 ただ、桜の木を傷つけるなどのトラブルは後を絶たない。爆買い需要を取り込もうと熱心に売り込む露店がある一方、試食をせがまれるなどするため困惑している売店も少なくない。

中国大使館が注意

 こうした現状に中国も神経をとがらせているのか、中国大使館(東京)は3月下旬、訪日する中国人向けに「花見に関する注意事項」を初めて発表した。

 「桜の枝を折ったり、樹を揺らして花びらを落とそうとしない」「ゴミは指定の場所に捨てるか、持ち帰ること」「日本人のように楽しみたいなら、適切な場所にシートを敷き、大声で騒がないこと」…。

 注意事項では日本の花見文化を紹介した上で細部にわたって注意を呼びかけるが、マナー違反はあまりおさまっていないようだ。大阪城公園でも中国人客らが増えたころから、特にトイレの汚さが深刻だという。

 清掃を請け負う会社の男性従業員(65)は「海外旅行ではなく、国内旅行の感覚で来日しているとしか思えない。他人に迷惑をかけることを恥じらう文化はないのか」と憤慨する。

このニュースの写真

  • 記念撮影のため枝折り、トイレも汚し「マナー悪すぎや」…中国人客ら大挙、〝爆花見〟に波紋 大阪城公園 

「産経WEST」のランキング