産経WEST

楽天市場のやらせ投稿問題…楽天が業者と和解、大阪地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


楽天市場のやらせ投稿問題…楽天が業者と和解、大阪地裁

 インターネット通販大手「楽天市場」で、店舗や商品に関するやらせの評価(レビュー)を11万件以上投稿されたとして、運営する楽天(東京)が大阪市北区のシステム開発会社「ディーシーエイト」(CMSに商号変更)に約2億円の損害賠償を求めた訴訟が、大阪地裁(小池明善裁判長)で和解していたことが7日、分かった。デ社側が不正投稿を認めて再発防止を誓約し1千万円の和解金を支払い、楽天は刑事責任を追及しないという内容。昨年10月22日付。

 訴状によると、楽天市場のレビューは、購入者が5段階の点数とコメントを書き込む仕組み。店側の自作自演は利用規約で禁止されているが、デ社は楽天市場に出店している121店と契約を結び、架空注文や好意的なレビューの書き込みを繰り返した。楽天側は平成26年1月以降の調査で少なくとも約11万4千件の不正を確認。デ社は月額8万円で月150件の投稿を請け負っていたという。

 楽天市場で利用客が商品検索した際、上位に表示される店舗がどのように決まるかは社外秘とされているが、訴訟で楽天側は、レビュー数や内容が表示順を左右すると信じられていると主張。デ社に投稿依頼した一部店舗と出店契約を解除せざるを得ず、約2億円の損失が生じたとしていた。

 楽天は「訴訟についてはコメントできないが、楽天市場では不正行為について今後も対処していく」とした。

「産経WEST」のランキング