産経WEST

和歌山県職員を停職6カ月 死亡ひき逃げ事故で不起訴

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


和歌山県職員を停職6カ月 死亡ひき逃げ事故で不起訴

 和歌山県は6日、男性=当時(57)=をひき逃げして死なせたとして自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑などで逮捕され、不起訴となった人事課の男性主幹(55)を停職6カ月の懲戒処分にした。

 県監察査察課は「外形的にはひき逃げと考えられ、公務員として許し難い行為だ。免職相当だが不起訴となり、停職にとどめた」と話した。

 主幹は昨年10月31日、帰宅中に和歌山市内で男性をはね、立ち去ったとして県警に逮捕された。捜査や県の聞き取りに「人と思わなかった」と釈明。和歌山地検が今年3月に不起訴処分とした。

「産経WEST」のランキング