産経WEST

「原発ゼロ」回避-川内原発差し止め認めず 福岡高裁宮崎支部

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「原発ゼロ」回避-川内原発差し止め認めず 福岡高裁宮崎支部

九州電力川内原発の2号機(手前)と1号機=3月24日、鹿児島県薩摩川内市 九州電力川内原発の2号機(手前)と1号機=3月24日、鹿児島県薩摩川内市

 九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)をめぐり、周辺住民らが運転差し止めを求めた仮処分申し立ての即時抗告審で、福岡高裁宮崎支部(西川知一郎裁判長)は6日、原子力規制委員会が策定した原発の新規制基準について「最新の科学的技術的知見を踏まえたもので、何ら不合理な点はない」として住民側の抗告を棄却し、昨年4月の鹿児島地裁決定に続いて申し立てを退ける決定をした。

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)をめぐる同様の申し立てでは、大津地裁が3月、「原発の安全性が確保されていることについて、関電は説明を尽くしていない」として運転差し止めの仮処分決定を出し、稼働中の原発が司法判断で停止に追い込まれる異例の事態となっていた。

 この日の決定により、稼働する原発が再びゼロになることは避けられたが、新規制基準や再稼働の是非に関する司法判断が、裁判所で大きく異なっていることを改めて印象づけた。反対派住民は各地で同種の訴訟や仮処分申し立てを進めており、エネルギー政策への影響はなお予断を許さない状況だ。

続きを読む

「産経WEST」のランキング