産経WEST

【衝撃事件の核心】「心臓ドクドク!効くぞ!」〝ラッシュ兄貴〟逮捕 性的興奮ドラッグ、元NHKアナらに合成キットをネット販売

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「心臓ドクドク!効くぞ!」〝ラッシュ兄貴〟逮捕 性的興奮ドラッグ、元NHKアナらに合成キットをネット販売

危険ドラッグ「ラッシュ」の製造原料を提供していたとして逮捕、起訴された高木一祥被告の自宅から押収されたラッシュ原料となる大量の粉末や液体の化学物質。高木被告はインターネットのブログで「ラッシュ兄貴デヴィッド」を名乗り、製造方法などを細かく紹介していた 危険ドラッグ「ラッシュ」の製造原料を提供していたとして逮捕、起訴された高木一祥被告の自宅から押収されたラッシュ原料となる大量の粉末や液体の化学物質。高木被告はインターネットのブログで「ラッシュ兄貴デヴィッド」を名乗り、製造方法などを細かく紹介していた

 1~2月、性的興奮を高める作用があるとされる液体状の危険ドラッグ「ラッシュ」を製造・所持したとして、全国でNHKアナウンサーや公務員、自衛官ら十数人が麻薬Gメンに芋づる式に摘発された。製造原料を提供していたとして逮捕された元締めの男は、ネット上で自らを「ラッシュ兄貴デヴィッド」と名乗り、ブログを開設。「心臓ドクドク!効くぞ!」などとアピールし、愛好者に原料や道具をセットにした「合成キット」の販売を繰り返していた。取り締まりの強化で危険ドラッグ販売店の閉鎖や完成品の密輸摘発が相次ぐ中、規制の網をかいくぐろうとする「製造原料の提供」という新たな手口に、捜査当局は監視の目を強めている。

ブログで「自作体験記」

 「やった!成功だ!」

 1月、近畿厚生局麻薬取締部に医薬品医療機器法違反(製造)幇助(ほうじょ)の疑いで逮捕、起訴された高木一祥(かずよし)被告(48)。「ラッシュ兄貴デヴィッド」を名乗ってつづった3年前のブログには、ラッシュの自作に成功したと無邪気に喜ぶ文言が並んでいた。

 高木被告は数年前から、ラッシュをはじめとした「ニトライト系」と呼ばれる薬物をブログで紹介。しばらくすると、「自作体験記」などと題して原料の化学物質や道具を写真付きでアップし、手順を細かに紹介するようになった。

 「早速嗅いでみよう。心臓ドクドク!効くぞ!」

 ある投稿では自作ラッシュを使ったとみられる感想もつづられ、「一回分だけできるようなセット作って売ろうかな?」と商売っけを匂わせる記述もあった。

 麻薬取締部によると、このブログを見た愛好者から公開していたメールアドレスなどへ自作方法の問い合わせが来るようになり、高木被告は合成キットの販売を始めた。摘発を警戒してか、表向きは硬貨を磨く「コインクリーナー」として販売していたが、精製のコツや使用方法について購入者から質問が寄せられれば丁寧に答える〝アフターサービス〟も行っていたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「心臓ドクドク!効くぞ!」〝ラッシュ兄貴〟逮捕 性的興奮ドラッグ、元NHKアナらに合成キットをネット販売

関連トピックス

「産経WEST」のランキング