産経WEST

【衝撃事件の核心】カリスマホストの〝罪〟(上)ソープで貢いだ女子大生の悲劇、豪華シャンパンタワーのお代2000万円也

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
カリスマホストの〝罪〟(上)ソープで貢いだ女子大生の悲劇、豪華シャンパンタワーのお代2000万円也

交際相手のホスト、トシユキ(仮名)の誕生日イベントで、マユミ(仮名)が支払った500万円のシャンパンタワー=平成26年2月(提供写真、一部画像処理しています) 交際相手のホスト、トシユキ(仮名)の誕生日イベントで、マユミ(仮名)が支払った500万円のシャンパンタワー=平成26年2月(提供写真、一部画像処理しています)

 ソープ、ヘルス、キャバクラ…。早朝までアルバイトを掛け持ちし、大学の授業中に仮眠をとる毎日。月に150万~200万円を稼いだが、性病にかかり、原因不明の高熱が1カ月間、断続的に続くこともあった。

 一方、トシユキはほどなく「後輩ホストと同居して教育をしなければいけない」と言ってマユミの家を出た。会えるのはホストクラブの店内のみとなった。

店の空気を変える〝太客〟

 それでも、LINEには「イベントが終わって落ち着いたら旅行に行こう」「2人で暮らす家の洗濯機を見つけた!」と無邪気なトシユキのメッセージが並んだ。100万円、200万円…。募る不満を飲み込み、店内でのつかの間の逢瀬に投じる金額は徐々に増えていった。

 ナンバーワンを争う別のホストの客がシャンパンを入れれば、間髪入れずに注文し返した。

 「彼女が来ると、店の空気が変わる」。いつの間にか、他のホストたちにそう評される「太客(ふときゃく)」に成長していた。

 シャンパンを注文するたび、オーナーをはじめ店のホスト全員が自分の周囲に集まり、歓声を上げる。トシユキへの想いばかりでなく、「感謝されること」がただただうれしかった。「この薄暗いフロアが、世界のすべて」。そう感じていた。

 100万円以上を支払って帰路に着いた早朝。立ち寄ったスーパーで、数百円のブロッコリーの購入を渋っている自分に気が付き、苦笑いした。ホストクラブにいる私と、どちらが本当の自分なんだろう-。

続きを読む

このニュースの写真

  • カリスマホストの〝罪〟(上)ソープで貢いだ女子大生の悲劇、豪華シャンパンタワーのお代2000万円也

「産経WEST」のランキング