産経WEST

【埼玉失踪少女保護】容疑者父とみられる防犯グッズ会社代表がサイト上で謝罪 「当面営業を自粛」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【埼玉失踪少女保護】
容疑者父とみられる防犯グッズ会社代表がサイト上で謝罪 「当面営業を自粛」

 埼玉県朝霞市の中学1年だった少女(15)が行方不明となり、2年ぶりに保護された事件で、未成年者誘拐容疑で逮捕された寺内樺風(かぶ)容疑者(23)の父親とみられる防犯グッズ販売会社の代表名で、運営サイト上に謝罪文が掲載された。

 文章は「弊社近親者に関する報道についてのお詫び」と題され、「2016/03/28、弊社近親者に逮捕状が出され身柄が確保されたという報道がございました」として、顧客や取引先をはじめとする関係者に謝罪。

 「事件の詳細につきましては、警察にて捜査中でございますが、弊社では、このような事態を招いた責任を重く受け止め、当面の営業を自粛させていただきますとともに、今後、事実関係を調査し、厳正に対処してまいりたいと考えております」とつづっている。

 その上で「社会の防犯に努める立場にある組織として、関係者の皆様に対しましては、大変申し訳なく深くお詫び申し上げる次第でございます」とし、「関係者各位の皆様には、引き続きご心配とご迷惑をおかけいたしますが、現状についてのお詫びとご報告を申し上げます」と締めくくっている。この文章では、被害者側への直接の謝罪は記されていない。

 サイトは、寺内容疑者に対し28日に逮捕状が出された後に閲覧できなくなっていた。謝罪文は4月1日前後に掲載されたとみられる。

「産経WEST」のランキング