産経WEST

芥川賞作家を釈放 辺野古立ち入り容疑で逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


芥川賞作家を釈放 辺野古立ち入り容疑で逮捕

釈放され、拘束時の状況について説明する目取真俊氏=4月2日夜、沖縄県沖縄市の中城海上保安部前 釈放され、拘束時の状況について説明する目取真俊氏=4月2日夜、沖縄県沖縄市の中城海上保安部前

 那覇地検は2日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動中、辺野古沿岸部にある米軍キャンプ・シュワブ周辺の立ち入り禁止区域に許可なく入ったとして逮捕された沖縄県在住の芥川賞作家目取真俊氏(55)を釈放した。

 目取真氏は1日午前、米軍に拘束された。身柄の引き渡しを受けた中城海上保安部(沖縄市)が、日米地位協定に伴う刑事特別法違反容疑で逮捕、送検した。

 移設反対派によると、目取真氏は、移設への抗議活動をしていたカヌー隊のメンバーが米軍に連行されそうになり、助けようとして米軍に拘束された。

このニュースの写真

  • 芥川賞作家を釈放 辺野古立ち入り容疑で逮捕

「産経WEST」のランキング