産経WEST

ソバのゲノムを解読 食感やアレルギー遺伝子も特定

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ソバのゲノムを解読 食感やアレルギー遺伝子も特定

 ソバのゲノム(全遺伝情報)をほぼ解読したと、京都大と石川県立大、新潟薬科大などのチームが31日付の国際科学誌「DNAリサーチ」電子版に発表した。もちもちとした食感やソバによるアレルギーに関わる遺伝子を特定しており、品種改良に役立つという。

 チームによるとソバはタデ科の植物。精白米や小麦粉に比べてビタミンBと鉄、マグネシウムなどを多く含む。これまでゲノムの解読は進んでいなかった。

 チームは、京大にある実験用のソバを分析。かずさDNA研究所(千葉県木更津市)の協力を得て、遺伝子約3万5千個の機能の予測に成功した。生殖をコントロールするとみられる遺伝子もあった。

 石川県立大の森正之准教授(植物遺伝子工学)は「アレルギーが起きにくいソバや、安定して収穫できるソバなど品質向上が期待できる」とした上で「ソバは重要な日本の食文化。新たな魅力を国内外に発信したい」と話した。

「産経WEST」のランキング