産経WEST

【ビジネスの裏側】関空運営バンシの親会社のすごい実力…芸術的建築物に定評、世界の地下鉄、橋梁、道路も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
関空運営バンシの親会社のすごい実力…芸術的建築物に定評、世界の地下鉄、橋梁、道路も

バンシ・グループによる改修を終えたエッフェル塔=パリ(藤原直樹撮影) バンシ・グループによる改修を終えたエッフェル塔=パリ(藤原直樹撮影)

 改修作業は昨年夏に無事完了。もともとの景観を損ねることなく、中央部分に世界最大というガラスも使用するなど、一部で改良も加えた。塔内には3D(立体)映像で塔について学べるパビリオンを新たに設置したほか、従来は2つしかなく、常に行列ができていたトイレも増設した。

パリの新名所を建設

 新築においても、バンシ・グループは芸術性の高い建築を得意としている。近年の代表作は14年10月にパリ郊外にオープンしたルイ・ヴィトン財団美術館だ。

 スペイン・ビルバオのグッゲンハイム美術館の設計などで知られ、高松宮殿下記念世界文化賞も受賞した著名な建築家、フランク・ゲーリー氏の設計。ゲーリー氏は非線形な破片を散りばめたようなアンバランスさが特徴の脱構築主義建築の代表的な建築家で、建築する際の難易度の高さで知られる。

 バンシ・グループはこの複雑な建築を高い技術力で完成させた。ルイ・ヴィトン財団美術館はパリの新しい名所として観光客から高い人気を集めている。

 さらにバンシ・グループはインフラ建設にも強みを持つ。カタールやエジプトの地下鉄建設や、19年ごろに開通予定のシンガポールの路面電車の建設も請け負っている。トルコ・イスタンブールのボスポラス海峡にかかる橋やスペイン・カディスのペパ橋を建設。このほか、道路やトンネル、ダム、発電所なども多数建設している。

 バンシ・グループは17万人以上の従業員を抱え、14年は世界約100カ国で約26万のプロジェクトに関わった。売上高は5兆円規模で、建設ラッシュの続く中国の企業数社に抜かれたとはいえ、中国企業を除くといまだに世界トップを維持している。

日本進出あり得るか

 世界をまたにかけて事業を展開するバンシ・グループ。傘下のバンシ・エアポートが関空の運営権を取得し、オリックスなどとの共同出資で設立した関西エアポートが4月から関空の運営を始めることから、日本への本格進出を予測する声が出ている。

このニュースの写真

  • 関空運営バンシの親会社のすごい実力…芸術的建築物に定評、世界の地下鉄、橋梁、道路も
  • 関空運営バンシの親会社のすごい実力…芸術的建築物に定評、世界の地下鉄、橋梁、道路も
  • 関空運営バンシの親会社のすごい実力…芸術的建築物に定評、世界の地下鉄、橋梁、道路も

「産経WEST」のランキング