産経WEST

【ビジネスの裏側】いよいよ“限界”に近づくUSJ、新アトラクション実現にかける“魔法”CEOに秘策アリ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
いよいよ“限界”に近づくUSJ、新アトラクション実現にかける“魔法”CEOに秘策アリ

USJの新アトラクション「フライングダイナソー」=大阪市此花区(南雲都撮影) USJの新アトラクション「フライングダイナソー」=大阪市此花区(南雲都撮影)

 大阪市のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の平成27年度の入場者数が、映画「ハリー・ポッター」エリアの開業効果で過去最高だったた前年度の1270万人を突破した。年間では1380万人前後になるとみられ、1500万人程度とされる収容可能人数に迫るにつれて混雑が目立つ。運営会社のジャン・ルイ・ボニエ最高経営責任者(CEO)は「あと年300万~400万人増やすことができる」と述べたが、周辺に空き地などが見当たらないなか、今度はどんな“魔法”をみせるのだろうか。(阿部佐知子)

 過去最高更新

 18日、USJに今月末の開業15周年を記念した大型アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」が登場した。

 「絶叫マシンが好きな人にも満足してもらえる」と運営会社幹部が自信をみせるアトラクションは投資額100億円。全長1240メートルで、高低差は最大37・8メートル。レールからつり下げられたタイプのフライングコースターとしては全長、高低差ともに世界一だ。恐竜に背中を捕まれて振り回されるテレビCMが話題を呼んだこともあり、初日は開園して数十分で入場の列に並ぶのを締め切った。

 USJの入場者数は、米映画のテーマパークとして開業した直後の平成13年度は約1100万人を記録したが、その後は低迷を続けた。アトラクションの陳腐化などで一時は750万人前後に落ち込んだ。

 このため平成22年ごろから「米映画だけ」へのこだわりを捨て、国内で人気の漫画やゲームをテーマにしたイベントを開催。子供に人気のあるハローキティやスヌーピーなどをテーマにしたエリアも開業し、家族連れの取り込みに成功したことで入場者数が増加に転じた。そして26年度は「ハリポタ」エリアの開業効果で入場者数は13年度を上回り、1270万人になっていた。

このニュースの写真

  • いよいよ“限界”に近づくUSJ、新アトラクション実現にかける“魔法”CEOに秘策アリ
  • いよいよ“限界”に近づくUSJ、新アトラクション実現にかける“魔法”CEOに秘策アリ
  • いよいよ“限界”に近づくUSJ、新アトラクション実現にかける“魔法”CEOに秘策アリ
  • いよいよ“限界”に近づくUSJ、新アトラクション実現にかける“魔法”CEOに秘策アリ
  • いよいよ“限界”に近づくUSJ、新アトラクション実現にかける“魔法”CEOに秘策アリ
  • いよいよ“限界”に近づくUSJ、新アトラクション実現にかける“魔法”CEOに秘策アリ
  • いよいよ“限界”に近づくUSJ、新アトラクション実現にかける“魔法”CEOに秘策アリ
  • いよいよ“限界”に近づくUSJ、新アトラクション実現にかける“魔法”CEOに秘策アリ

関連トピックス

「産経WEST」のランキング