産経WEST

ツキノワグマ「ベニー」大あくびで冬眠からお目覚め 和歌山公園動物園

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ツキノワグマ「ベニー」大あくびで冬眠からお目覚め 和歌山公園動物園

冬眠から目覚め、大きなあくびをするベニー(和歌山市提供) 冬眠から目覚め、大きなあくびをするベニー(和歌山市提供)

 和歌山市の和歌山公園動物園の“園長”を務めるツキノワグマの「ベニー」が25日、冬眠から目覚め、約3カ月ぶりに外の世界で大あくびをし、元気に体を動かした。

 ベニーは推定22歳で、体長約1・4メートル、体重約100キロ。昨年12月28日からワラの敷かれた熊園舎で冬眠していた。冬眠中は2日に1度の頻度で食パンやサツマイモ、バナナなどを食べていたという。

 ベニーはこの日、ワラが全身についたままの寝起き姿で登場し、大きなあくびを披露。飼育員が準備したタケノコをほおばっていた。

 和歌山城整備企画課の担当者は「ベニーの目覚めとともに動物園の101年目が始まった。今後の動物園のあり方についてのアンケートも設置したので、ぜひ訪れてみてほしい」と話していた。

「産経WEST」のランキング