産経WEST

ワラビの成分、変形性関節症に効果 京大iPS細胞研究所など

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ワラビの成分、変形性関節症に効果 京大iPS細胞研究所など

 食用のワラビに含まれる物質「プテロシンB」に、変形性関節症の進行を抑制する効果があると、京都大iPS細胞研究所(CiRA)の妻木範行教授(細胞誘導制御学)らの研究チームが発表した。英科学誌電子版に24日、研究成果が掲載された。

 変形性関節症は、年齢を重ねることで関節の軟骨がすり減り、ひざや足の付け根などの関節に痛みや腫れが生じる。国内患者は高齢者を中心に1千万人以上いるとされる。鎮痛剤による治療が主で、完治療法は確立されていないという。

 妻木教授は、ワラビをたくさん食べても効果はないと断った上で「今後、経口薬の開発などにつなげていきたい」と話した。

 マウスの関節にプテロシンBを注射で投与したところ、変形性関節症を進行させる一因となるタンパク質「SIK3」の働きを抑えられることが分かった。ヒト由来の人工多能性幹細胞(iPS細胞)で作製した軟骨にプテロシンBを加えて培養した実験でも、同様の結果が出たとしている。

「産経WEST」のランキング