産経WEST

愛知の40代女性がジカ熱感染 中南米に2週間滞在

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


愛知の40代女性がジカ熱感染 中南米に2週間滞在

 中南米から帰国した愛知県の40代女性がジカ熱に感染していることが確認されたと厚生労働省が24日、発表した。中南米での流行拡大以降、国内での感染確認は4例目。

 厚労省によると、女性はブラジル以外の中南米の流行地域に2週間程度滞在し、今月20日に帰国。発疹や37・9度の発熱、関節痛、結膜炎などの症状があり、23日に医療機関を受診した。現在は熱が下がり容体は安定、自宅で療養している。

 国内でジカ熱の患者は平成25年に初めて確認され、それ以降では7例目となる。

「産経WEST」のランキング