産経WEST

橋下氏の政界引退後初バラエティー視聴率14・6%、ネットユーザーからは「生ぬるい」の声も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


橋下氏の政界引退後初バラエティー視聴率14・6%、ネットユーザーからは「生ぬるい」の声も

前大阪市長の橋下徹氏 前大阪市長の橋下徹氏

 前大阪市長の橋下徹氏(46)が政界引退後、初のバラエティー番組への出演となった23日夜放送のテレビ朝日系特番「橋下×羽鳥の新番組始めます!」の関西地区での平均視聴率が14・6%、関東地区が9・9%と“西高東低”の結果だったことが24日、ビデオリサーチの調べでわかった。

 同番組は、フリーアナウンサーの羽鳥慎一(44)とのコンビで、4月11日からスタートする同局系列のレギュラー番組「橋下×羽鳥の新番組(仮)」(関西地区は月曜深夜0時30分、他地区は同午後11時15分)の中身を、ロケや討論、対談など3つの企画から選ぶというPR的な内容。冒頭には、橋下氏自ら“政界再進出”を否定する発言もあった。

 視聴率はともかく、番組内容については、ネット上でも〈大阪限定だった橋下節が全国に拡がっていくのでは〉〈(ゲストの)ホリエモン(=堀江貴文氏)との絡みが良かった〉などと評価する一方、中には〈橋下さん!生ぬるい〉など手厳しい声も。

 民放関係者の間でも「政治的な発言を控えるのは分かっていたが、無難すぎるというか、腫れ物に触るような内容だった」や「ローカル番組と違い、全国ネットで、しかも、他局や政党関係者が注目する中での放送。少々の物足りなさがあっても仕方ない。橋下氏もそこを分かったうえで、今後テレ朝さんと戦略を練るのはないか」などの意見が聞かれた。

「産経WEST」のランキング