産経WEST

【東洋ゴム免震不正】東洋ゴムを家宅捜索、免震偽装が刑事事件に…大阪府警、書類数百点を押収

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【東洋ゴム免震不正】
東洋ゴムを家宅捜索、免震偽装が刑事事件に…大阪府警、書類数百点を押収

東洋ゴム工業本社=24日午前、大阪市西区(恵守乾撮影) 東洋ゴム工業本社=24日午前、大阪市西区(恵守乾撮影)

 東洋ゴム工業(大阪市)が免震装置ゴムの性能データを改竄(かいざん)していた問題で、書面上の数値を偽って国の基準を満たしているかのように装い、性能不足の製品を出荷したとして、大阪府警生活経済課が、不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で、同社や子会社の「東洋ゴム化工品」(東京都)など関係先4カ所を家宅捜索したことが24日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜索は23日に実施。契約書類など数百点を押収したとみられる。府警はともに告発状を受理した大阪地検特捜部と連携して改竄の経緯を調べ、不正の全容解明を進める方針。耐震・免震技術に対する信頼を根底から揺るがした東証1部上場メーカーによる一連の偽装問題は刑事事件となった。

 捜査関係者によると、子会社は平成26年9月、大阪府枚方市の「枚方寝屋川消防組合」の新庁舎建設のため、性能不足の免震ゴム19基を納入した疑いが持たれている。子会社から消防組合に交付された「検査成績書」などの書類には、改竄された数値や国の基準に「合格」したことなどが記されていたという。

このニュースの写真

  • 東洋ゴムを家宅捜索、免震偽装が刑事事件に…大阪府警、書類数百点を押収

「産経WEST」のランキング