産経WEST

【機先】米でALS治療薬、画期的医薬品の開発も 田辺三菱製薬、三津家正之社長

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【機先】
米でALS治療薬、画期的医薬品の開発も 田辺三菱製薬、三津家正之社長

今後の事業展開などについて語る田辺三菱製薬の三津家正之社長=大阪市中央区(前川純一郎撮影) 今後の事業展開などについて語る田辺三菱製薬の三津家正之社長=大阪市中央区(前川純一郎撮影)

 ――新薬開発の方針は

 「自己免疫疾患や糖尿病などの領域を中心とした新薬の開発はもちろんだが、『未来の医薬品』への取り組みも進める。グループの三菱ケミカルホールディングス(HD)には繊維や素材など医療に近いノウハウを持つ企業もあり、先端の材料を使うなどして画期的な医薬品開発に取り組みたい。HDに昨年5月設置されたヘルスケア戦略室に執行役員を1人出向させている。また昨年10月には社内に未来創造室を設立した」

     ◇

 みつか・まさゆき 東大院修了。昭和57年三菱化成工業(現三菱化学)。田辺三菱製薬取締役常務執行役員、代表取締役専務執行役員などをへて平成26年6月から現職。61歳。福岡市出身。

「産経WEST」のランキング