産経WEST

〝元祖ガールズ〟佐藤ゆかり議員の身内バトルが新局面 自民支部長が提訴「事実と違う文書で名誉毀損」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


〝元祖ガールズ〟佐藤ゆかり議員の身内バトルが新局面 自民支部長が提訴「事実と違う文書で名誉毀損」

佐藤ゆかり衆院議員。「政治とカネ」をめぐるバトルは新局面に入った 佐藤ゆかり衆院議員。「政治とカネ」をめぐるバトルは新局面に入った

 自民党の佐藤ゆかり衆院議員(54)=大阪11区=が党員らに配った文書で名誉を傷つけられたとして、同党枚方市支部の出来成(しげ)元(ちか)支部長(67)は22日、佐藤氏に330万円の損害賠償などを求めて大阪地裁に提訴した。

 訴状によると、佐藤氏は昨年8月、「(出来氏が)任期切れにもかかわらず支部長を名乗り続けている」「党大阪府連に懲罰及び支部長解任動議を申し立てている」などと記載した文書を党所属の国会議員や党員に配布。出来氏は「現在も私が支部長で、文書は事実と異なる」と訴えている。府連は「支部長解任を検討した事実はない」としている。

 これに対し、佐藤氏は代理人を通じ「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。

 両氏は、平成26年12月に地元業者から受けた200万円の寄付の扱いをめぐっても対立。同支部は近く、佐藤氏側を政治資金規正法違反罪で大阪地検に刑事告発する意向を示している。

このニュースの写真

  • 〝元祖ガールズ〟佐藤ゆかり議員の身内バトルが新局面 自民支部長が提訴「事実と違う文書で名誉毀損」
  • 〝元祖ガールズ〟佐藤ゆかり議員の身内バトルが新局面 自民支部長が提訴「事実と違う文書で名誉毀損」

「産経WEST」のランキング