産経WEST

女性の政策、議員に提案 市民参加のオーディション

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


女性の政策、議員に提案 市民参加のオーディション

神戸市内で開かれた「一億総満足社会」政策オーディションの事前説明会 神戸市内で開かれた「一億総満足社会」政策オーディションの事前説明会

 議員さん、私たちの声と政策、受け止めてください-。子育てや介護、働き方といったテーマで一般市民の女性たちが政策を考え、地方議員にプレゼンテーションする「『一億総満足社会』政策オーディション」が5月15日、神戸市で開かれる。

 政治やまちづくりに関わる機会が少ない女性に政策の形成過程を体験してもらい、積極的に声を上げていけるようにするのが目的。3月末まで参加者を募集している。

 主催者の一人で、一般社団法人「リベルタ学舎」代表の湯川カナさん(42)は「暮らしの当事者である女性が、自分たちの声で自分たちの満足する社会に向けて一歩踏み出すという当たり前のことをやりたい」と話す。

 4月初めに参加者が関心のあるテーマごとにチームを組んでデータを集めたり、全国で実践されている政策を調べたりして具体的な政策案を練る。

 オーディションには神戸市や兵庫県西宮市などの市議十数人が参加する見込み。政策案に関心を持てばチームに参加し、さらに案を練って実際に議会で提案する。

 参加希望者からは、既に「保育園が少ない」「老老介護」「女性が人生を通じて働く難しさ」といったテーマが挙がり、「複数の議会で同じ政策を提案して反応の違いを見たい」という意見も出ているという。

「産経WEST」のランキング