産経WEST

凶器は掃除機のパイプ…殴打された姉は2日後に死亡確認 暴行容疑で妹とめいを逮捕 兵庫県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


凶器は掃除機のパイプ…殴打された姉は2日後に死亡確認 暴行容疑で妹とめいを逮捕 兵庫県警

 同居する無職の姉(53)を掃除機のプラスチック製パイプで殴ったとして、兵庫県警兵庫署は20日、暴行容疑で、神戸市内在住の妹(51)と、その長女(30)を逮捕した。「知的障害がある伯母の行動に腹が立った」などと供述し、ともに容疑を認めているという。

 同署によると、妹は20日午前0時35分ごろ、「姉が冷たくなっている」と119番。駆けつけた救急隊員がその場で姉の死亡を確認した。同署は死因や、暴行と死亡との関連を調べている。

 2人の逮捕容疑は18日、神戸市の自宅内で、姉の背中などを掃除機のパイプで殴ったとしている。

 同署によると、救急隊員が死亡を確認した際、姉はベッドに横たわっており、ほおにあざがあったという。

「産経WEST」のランキング