産経WEST

「世界最高齢学士」ギネス申請へ 96歳の卒業式 京都造形芸術大で趣味の陶芸、11年学ぶ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「世界最高齢学士」ギネス申請へ 96歳の卒業式 京都造形芸術大で趣味の陶芸、11年学ぶ

卒業式で、学長から卒業証書を受け取る平田繁實さん=19日、京都市左京区の京都造形芸術大学 卒業式で、学長から卒業証書を受け取る平田繁實さん=19日、京都市左京区の京都造形芸術大学

 趣味の陶芸の知識を深めようと、京都造形芸術大学(京都市左京区)で11年間学んだ平田繁實(しげみ)さん(96)=高松市=が19日、卒業式を迎えた。平田さんは「興味のあることを学べて楽しかった。自分をほめてやりたい」と、満面の笑みを浮かべた。

 同大学は「学士の学位取得者としては世界最高齢ではないか」としており、平田さんはギネス世界記録に申請する予定。

 大正8年、広島県北広島町の農家に生まれた平田さんは海軍での従軍歴もあり、終戦は東京で迎えた。「戦争が終わり、夜のまちに明かりが灯されたとき、すごくうれしかった。平和は本当にありがたいと思った」と振り返る。戦後は経理の仕事に就き、長崎県の労災病院などで働き、昭和53年に退職した。

 もともと芸術に興味があったという平田さん。「陶芸なら自分でもできそう」と、独学でたしなんでいた。退職後に移り住んだ高松市で通っていた陶芸教室でできた友人に勧められ、大学進学を決意したという。

このニュースの写真

  • 「世界最高齢学士」ギネス申請へ 96歳の卒業式 京都造形芸術大で趣味の陶芸、11年学ぶ

「産経WEST」のランキング