産経WEST

【関西の議論】「公害」「連続変死事件」イメージ脱却なるか 〝幻〟の尼崎城再建計画に夢描く エディオン創業者の「胸の内」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「公害」「連続変死事件」イメージ脱却なるか 〝幻〟の尼崎城再建計画に夢描く エディオン創業者の「胸の内」

〝幻の城〟とされる尼崎城の模型。右上にあるのが復元が計画されている天守閣(兵庫県尼崎市教委提供) 〝幻の城〟とされる尼崎城の模型。右上にあるのが復元が計画されている天守閣(兵庫県尼崎市教委提供)

 明治維新後に消えた〝幻の城〟を再建する計画が兵庫県尼崎市で進んでいる。江戸時代、大阪の西側を守る重要拠点だった尼崎城だ。家電量販店の旧ミドリ電化(現・エディオン)の創業者、安保詮(あぼ・あきら)氏(82)=同県西宮市=が、創業の地に恩返しがしたいと昨年11月、天守閣を再建して尼崎市に寄贈すると発表した。今年10月に市制100周年を迎える尼崎市は、城を起爆剤として「歴史の街」をアピールしたい考え。「公害の街」「治安が悪い」といった負のイメージがつきまとう〝アマ〟のイメージは払拭できるか。(益田暢子)

「立派すぎ」だった尼崎城

 「尼崎に城なんてあったん?」「聞いたことあるけど、よう知らんな」

 市民ですら、その存在を知らない人が多い尼崎城。それもそのはず、現在は阪神尼崎駅の南側に尼崎城址公園があるだけで、当時の面影を残す遺構は尼崎市が復元した石垣以外はほとんど残っていない。

 「江戸時代につくられた城で、これほど何も残っていないケースは珍しい」と市教委の歴博・文化財担当の室谷公一主任学芸員は話す。

 尼崎城は元和4(1618)年、尼崎藩主の戸田氏鉄が江戸幕府に命じられ、築城を開始。江戸幕府の徳川方と豊臣方が激突した慶長19~20(1614~15)年の「大坂の陣」の後、大阪の守備を案じた幕府が、近江・膳所藩主だった氏鉄を尼崎に送り込んだとされる。

 当時の図面によると、尼崎城の敷地は約13万4千平方メートルで、甲子園球場の3・4倍にあたる。5万石の尼崎藩にしては立派すぎる城だったという。「大阪の西側を守る尼崎は、それだけ重要だったということだろう」と室谷氏は分析する。

このニュースの写真

  • 「公害」「連続変死事件」イメージ脱却なるか 〝幻〟の尼崎城再建計画に夢描く エディオン創業者の「胸の内」
  • 「公害」「連続変死事件」イメージ脱却なるか 〝幻〟の尼崎城再建計画に夢描く エディオン創業者の「胸の内」

「産経WEST」のランキング