産経WEST

【関西の議論】“カワイイ力”がモノ作りを変える 百貨店や海外も注目、伝統工芸のニューウェイブ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
“カワイイ力”がモノ作りを変える 百貨店や海外も注目、伝統工芸のニューウェイブ

伝統工芸品もかわい~く変身 伝統工芸品もかわい~く変身

 その結果、今年は初年度の3倍となる12社が新商品を開発。昨年度に続いて参加した晃祐堂は、持ち手の木の材質と毛先の色にこだわった化粧筆を製作。岡山県倉敷市のベティスミスはデニム生地とカラフルなファスナーの色が特徴的なマルチポーチを作った。

 また、贈答品に使われる水引のメーカーである愛媛県四国中央市の有高扇山堂は、色のグラデーション鮮やかなアクセサリーを製作。冒頭で紹介した和紙のイヤリングは鳥取市のティエスピー、フラワージュエリーは神戸市の花萌の作品だ。

 東京インターナショナル・ギフト・ショーではこれらの商品は大きな注目を浴び、「カワいいモノ研究会としての歳事をしたい」と、約10店の百貨店から引き合いが相次いだという。

 3月10~22日には、東京・西新宿にあるモノづくりの総合ショールーム「monova」に出展。外国人を呼び込んで、マーケティングとテスト販売を実施する。来年度は、ドイツかフランスの世界的な雑貨の見本市に出展するほか、フランスの大学と連携し、海外の「カワイイ」ニーズにマッチした商品展開も検討する。

 中国経産局は「カワイイものには人は近づきたくなるもの。若い感性と職人の腕で、国内だけでなく海外に飛翔する商品をどんどんと生み出していければ」としている。

このニュースの写真

  • “カワイイ力”がモノ作りを変える 百貨店や海外も注目、伝統工芸のニューウェイブ
  • “カワイイ力”がモノ作りを変える 百貨店や海外も注目、伝統工芸のニューウェイブ
  • “カワイイ力”がモノ作りを変える 百貨店や海外も注目、伝統工芸のニューウェイブ
  • “カワイイ力”がモノ作りを変える 百貨店や海外も注目、伝統工芸のニューウェイブ
  • “カワイイ力”がモノ作りを変える 百貨店や海外も注目、伝統工芸のニューウェイブ
  • “カワイイ力”がモノ作りを変える 百貨店や海外も注目、伝統工芸のニューウェイブ

「産経WEST」のランキング