産経WEST

3つの病院を統合し、南奈良総合医療センターが完成 ヘリポートも完備 奈良・大淀町

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


3つの病院を統合し、南奈良総合医療センターが完成 ヘリポートも完備 奈良・大淀町

内覧会でヘリポートのドクターヘリを見学する参加者ら=大淀町 内覧会でヘリポートのドクターヘリを見学する参加者ら=大淀町

 奈良県五條市と吉野郡の3病院を再編して開設する南奈良総合医療センター(同県大淀町)が完成した。25診療科と救急センターなど8センターを備え、医師50人が常勤、平成28年度中にはドクターヘリも常駐し、救急や災害時の拠点病院として4月1日に開院する。

 センターは近鉄福神駅前で、敷地面積は約4・7ヘクタール。地上5階建ての建物内には病床232床(一般188床、高度治療室8床、回復期36床)を備え、県南部唯一の2次救急病院の役割を担う。屋上にはドクターヘリ発着用のヘリポートがあり、3階建ての看護専門学校も併設する。

 患者数の減少などで県立五條病院(五條市)、町立大淀病院(大淀町)、吉野町国保吉野病院(吉野町)の3病院の経営が悪化。県と南部12市町村で作る「南和広域医療組合」が再編を計画し、センターを新設した。同組合から移行させる南和広域医療企業団が運営する。

 町立大淀病院は今月末に閉院。国保吉野病院は4月から、県立五條病院は耐震化工事を行って来年4月から、地域医療センターになる。

 13日に行われた竣工式には約240人が出席。荒井正吾知事はあいさつで、「便利な地に病院を建てることができた。南部の医療は南部で守ることを貫き通せる病院にしたい」と述べた。

このニュースの写真

  • 3つの病院を統合し、南奈良総合医療センターが完成 ヘリポートも完備 奈良・大淀町

「産経WEST」のランキング