産経WEST

【阪神も金銭やりとり】掛布氏采配初陣“祝賀ムード”が一変…オーナーは無言で球場あとに

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【阪神も金銭やりとり】
掛布氏采配初陣“祝賀ムード”が一変…オーナーは無言で球場あとに

戦況を見守る阪神の掛布雅之二軍監督=15日、兵庫県西宮市の阪神鳴尾浜球場(山田喜貴撮影) 戦況を見守る阪神の掛布雅之二軍監督=15日、兵庫県西宮市の阪神鳴尾浜球場(山田喜貴撮影)

 プロ野球巨人で発覚したチームの公式戦の勝敗に絡む金銭授受問題は15日、阪神や西武でも発覚するなど、波紋は球界全体に広がる様相を呈してきた。阪神では、ウエスタン・リーグの開幕戦を激励するために兵庫県西宮市の阪神鳴尾浜球場を訪れた球団幹部が釈明に追われた。

 阪神の掛布雅之2軍監督が公式戦で初指揮を執るとあって、鳴尾浜球場には坂井信也球団オーナーや四藤慶一郎球団社長らが観戦に駆けつけたが、試合前に取材に応じた四藤社長が円陣での声出しをめぐる金銭授受を明らかにしたことで祝賀ムードは一変した。

 四藤社長は試合後に球場で緊急会見を開き、「いよいよこれから(シーズンが)始まるというところで残念だが、とにかく襟を正してやっていきたい」と陳謝した。

和田前監督、事態把握していたかは明言せず

 昨年まで4年間、1軍監督を務めた和田豊オーナー付シニアアドバイザー(SA)も「球界で襟を正してこういうのを出し切って、前を向いていかないと」と話したが、在任中に事態を把握していたかについては明言しなかった。坂井オーナーは報道陣の呼びかけにも応じず、無言で車に乗り球場を後にした。

「産経WEST」のランキング