産経WEST

拳銃所持は66歳男 飲食店内銃撃事件の直後に逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


拳銃所持は66歳男 飲食店内銃撃事件の直後に逮捕

 福岡県志免町の飲食店で13日夜、男性(67)が銃で撃たれて負傷した事件で、粕屋署は14日、事件直後に同県須恵町で銃刀法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕した男の身元を、県内在住の自称無職、崔勲容疑者(66)と明らかにした。崔容疑者は一時黙秘し、名前は不明だったが、指紋の照合で確認した。

 粕屋署によると、崔容疑者は「(所持していた拳銃は)知り合いから預かっていた」と供述。銃撃事件については話していない。被害男性が「崔容疑者から撃たれた」と話しており、同署は殺人未遂容疑も視野に入れ捜査している。

 粕屋署によると、被害男性は13日午後7時40分ごろ店に入り、数分後に崔容疑者とみられる男が来店。2人はカウンターに座って口論を始め、立ち去ろうとした被害男性に向けて男が発砲し、「なめとったらこうなるとぞ」と言って現場から逃げたという。

 崔容疑者は、事件から約1時間半後、須恵町の駐車場で自動式拳銃をショルダーバッグに入れていたとして逮捕された。

「産経WEST」のランキング