産経WEST

【女子マラソン】第一生命の田中が日本人トップ、福士のタイムは上回れず 名古屋ウィメンズマラソン

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【女子マラソン】
第一生命の田中が日本人トップ、福士のタイムは上回れず 名古屋ウィメンズマラソン

名古屋ウィメンズマラソンで、日本勢トップの2位でゴールする田中智美(手前)。後ろは3位の小原怜=ナゴヤドーム 名古屋ウィメンズマラソンで、日本勢トップの2位でゴールする田中智美(手前)。後ろは3位の小原怜=ナゴヤドーム

 リオデジャネイロ五輪女子マラソン代表の最終選考会を兼ねた名古屋ウィメンズマラソンが13日、ナゴヤドーム発着で行われ、28歳の田中智美(第一生命)が2時間23分19秒で日本人トップの2位に入った。2時間22分40秒をマークしたユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)が大会連覇を果たした。25歳の小原怜(天満屋)が3位。

 30キロすぎに集団から抜け出したキルワを追う田中、小原がゴール直前まで並走。最後は田中が前に出て、1秒差で小原を上回った。

 代表枠は最大3で17日に発表される。昨夏の世界選手権で日本勢最高の7位となった伊藤舞(大塚製薬)が既に決定。1月の大阪国際女子を日本陸連の設定記録(2時間22分30秒)を突破する2時間22分17秒で制した福士加代子(ワコール)は代表入りが確実視されている。(タイムは速報値)

「産経WEST」のランキング