産経WEST

水道代がなんと月126万円! 6100円のはずなのに…石川・能美市が誤徴収

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


水道代がなんと月126万円! 6100円のはずなのに…石川・能美市が誤徴収

 石川県能美市が、市内に住む30代の男性会社員の銀行口座から、2月の水道料金として、誤って約126万円を引き落としていたことが12日、分かった。メーターの設置ミスが原因で、正しい請求額は6160円だった。市は抗議を受け、差額を口座に戻し謝罪した。

 市上下水道料金課によると昨年12月ごろ、委託業者が古くなった水道メーターを取り換えた際、新しいメーターを通常と逆向きに取り付けたため、水の使用量が0から増えるのでなく、目盛りが逆回転して9999立方メートルから減る形になった。

 水道料金は係員が2カ月に1回メーターを検針し、使用量を2分割した上で、月ごとに請求する。1月に検針すると、目盛りが9900立方メートルを超えていたため、半分の5千立方メートル分の代金として請求したという。実際に男性が使ったのは23立方メートルしかなかった。

 男性が今月7日、口座引き落としの家賃が滞納になっていると通知を受け、残高を確認して分かった。同課の米脇守課長は「再発防止のためチェックをこれまで以上に徹底したい」としている。

「産経WEST」のランキング