産経WEST

はっけよい、大阪場所の力士と園児が交流 大阪・摂津

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


はっけよい、大阪場所の力士と園児が交流 大阪・摂津

力士との相撲で力を合わせてぶつかっていく園児ら=大阪府摂津市 力士との相撲で力を合わせてぶつかっていく園児ら=大阪府摂津市

 13日に大阪で初日を迎える大相撲春場所を前に、大阪府摂津市鳥飼野々の保育園「鳥飼さつき園」に11日、錦戸部屋の水戸豊と彩翁、東関部屋の飛翔富士の3力士が来園。園児らは力士と相撲を取るなど楽しいひとときを過ごした。

 力士のように大きく元気に育ち、日本の伝統スポーツである相撲を知ってもらおうと、同園が春場所の開催に合わせて力士らを招待している恒例のイベント。

 園庭に集まった約180人の園児は3人に花束を贈呈し、「強くてかっこいいお相撲さんに会えてうれしい。今日は相撲を取るのやもちをつくのを楽しみにしていました」と歓迎のメッセージを唱和。質問コーナーでは「どうやったら大きくなれるのですか」「勝負に勝つにはどうすればよいの」などの問いに、力士らは「よくご飯を食べてよく遊ぶ」「しっかりとけいこすること」と答えていた。

 記念写真の撮影やもちつきの後、メーンの相撲では土俵内で一人の力士に園児4~5人がグループで対戦。一斉にかかっていった園児らは、押し返されたり抱え上げられるなど苦戦しながらも、みんなで力を合わせて挑戦していた。

 坂本楓太君(6)は「お相撲さんは強かったけれど、みんなで頑張って勝つことができてうれしかった」と話していた。

「産経WEST」のランキング