産経WEST

【高浜3、4号機差し止め】視点・脱原発ありき 裁判長の「主観」でしかない

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【高浜3、4号機差し止め】
視点・脱原発ありき 裁判長の「主観」でしかない

 高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定によって、稼働中の原発が司法判断で初めて止まる“異常事態”となった。今回の決定は、昨年4月に再稼働前の同原発3、4号機の運転差し止めを命じた福井地裁が、100%の絶対安全という不可能な「ゼロリスク」の実現を求めた姿勢と軌を一にするものだ。

 原発の安全性判断には高度な専門知識が必要になる。それゆえ専門家集団の原子力規制委員会が安全性を厳しく審査。関電も原子炉の冷却システムなど何重もの安全対策を講じ、高浜原発は1年半以上かけて「世界一厳しい」とされる新規制基準に合格した。

 しかし決定は新規制基準にも疑念の目を向けた。災害が起こる度に「想定を超える」災害だったと繰り返されてきた過ちに真摯に向き合えば、常に危険性を見落としている可能性があるとの立場に立って十二分の余裕をもった基準にすべきだ-と。一見正しい理屈だが、安全性確保に向けて超えるべき明確なハードルを示したわけでなく、どこまでも裁判長の「主観」でしかない。「脱原発ありき」といってもいいだろう。

「産経WEST」のランキング