産経WEST

「ニラかネギだと思って…」中華丼に誤ってスイセンの葉 障害者施設で食中毒 兵庫・尼崎

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「ニラかネギだと思って…」中華丼に誤ってスイセンの葉 障害者施設で食中毒 兵庫・尼崎

 兵庫県尼崎市は7日、同市内にある障害者福祉施設で、野菜と間違えて調理したスイセンの葉を食べた32~71歳の男女計10人が食中毒症状を訴えたと発表した。全員軽症で、すでに回復したという。

 スイセンは、葉がニラ、球根がタマネギに似ているが、リコリンなどの有毒成分が含まれている。食べると嘔吐(おうと)や下痢、発汗などの中毒症状を起こす。

 市保健所によると、今月4日に施設利用者と職員が中華丼を調理した際、利用者が施設内のプランターに植えていたスイセンの葉を誤って使用した。利用者は「ネギかニラだと思った」と話していたという。

 この中華丼を利用者7人と職員4人が食べたところ、うち10人が嘔吐や腹痛などの症状を訴えた。

「産経WEST」のランキング