産経WEST

【動画】春告げるイカナゴ漁が解禁、前年より9日遅れ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
春告げるイカナゴ漁が解禁、前年より9日遅れ

林崎漁港に水揚げされたイカナゴの稚魚「シンコ」=7日午前、兵庫県明石市(沢野貴信撮影) 林崎漁港に水揚げされたイカナゴの稚魚「シンコ」=7日午前、兵庫県明石市(沢野貴信撮影)

 瀬戸内に春の訪れを告げるイカナゴ漁が7日、大阪湾と播磨灘で一斉に解禁され、兵庫県明石市の林崎漁港では、3~4センチの「シンコ(新子)」と呼ばれる稚魚が次々と水揚げされた。漁は4月下旬まで行われる予定。

 この日、林崎漁港では夜明けとともにに11隻の漁船が出港。午前9時ごろにはセリにかけられ、初値は1かご(約25キロ)で昨年より2万円以上高い5万円の値がついた。

 今年は暖冬の影響で12月下旬の水温が高く、産卵が遅かったため、解禁が前年より9日遅れた。

 シンコは早速市内の鮮魚店に並び、甘辛く煮た郷土料理「くぎ煮」として食卓に並ぶ。

このニュースの写真

  • 春告げるイカナゴ漁が解禁、前年より9日遅れ
  • 春告げるイカナゴ漁が解禁、前年より9日遅れ
  • 春告げるイカナゴ漁が解禁、前年より9日遅れ
  • 春告げるイカナゴ漁が解禁、前年より9日遅れ

「産経WEST」のランキング