産経WEST

「競馬必勝法」詐欺事件 京都地裁が30代の兄弟に無罪判決 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「競馬必勝法」詐欺事件 京都地裁が30代の兄弟に無罪判決 

 競馬の必勝法を教えると持ちかけ、現金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた、千葉県船橋市の兄(34)と弟(32)の両被告の判決公判が3日、京都地裁で開かれ、坪井祐子裁判長は「詐欺の電話をかけたと認定することはできない」などとして2人に無罪(それぞれ求刑懲役8年)を言い渡した。

 2人は平成25年9~11月ごろ、福岡県内の男性らに「確実に的中する競馬情報を教える」などと電話し、計約1070万円を詐取したとして、起訴された。

 判決理由で坪井裁判長は、「詐欺を行っていたことをうかがわせる証拠はある」と指摘。一方、詐欺で使われた電話は「拠点としていたマンションから発信されたことを示す証拠がない」と無罪を言い渡した。

「産経WEST」のランキング