産経WEST

NMBかなきちドタバタ卒業 主役なのに自らMC、最後は1人…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


NMBかなきちドタバタ卒業 主役なのに自らMC、最後は1人…

卒業公演の締めのあいさつをする木下春奈(左3人目)と、門脇佳奈子(同4人目、大阪市中央区) 卒業公演の締めのあいさつをする木下春奈(左3人目)と、門脇佳奈子(同4人目、大阪市中央区)

 NMB48のかなきちこと、門脇佳奈子(19)が29日、大阪市中央区のNMB48劇場で卒業公演を行った。2010年10月のグループ結成時から第1期生として活動してきたかなきちは、1日からバラエティータレントに転身し、新たに釣り番組のレギュラーも決定。ドタバタの“卒業式”となったが、最後まで天真爛漫な笑顔を咲かせて旅立った。(サンケイスポーツ)

 ガチの釣り師、かなきちが、NMB48からバラエティータレントに舵を切った。その“第一歩”は、自らの卒業公演のMC!?

 「私はあしたからNMB48じゃなくて、1人のタレント、門脇佳奈子としてスタートするんですけど、本当はすごく怖くてさみしくて、でも、それ以上に楽しみ」

 真面目に覚悟を語ったが、門出を祝う卒業セレモニーは、かなきちの“手腕”を試すものになった。

 キャプテンの山本彩(22)ら1期生が集まり、グループ初のオリジナル曲「青春のラップタイム」を熱唱する演出でスタート。だがその後、思わぬ展開に…。

 進行は門脇と仲が良い木下春奈(17)の担当だったが、直前になって「台本取ってくる」と慌てだすなど不慣れで、結局、かなきち自ら段取りをするはめに。

 「これからもNMB48も門脇佳奈子も応援もよろしくお願いします」と締めの言葉を述べたが、ファンとの会話が終わらず、メンバーから「あいさつしたのに」とツッコまれる始末。最後には舞台に1人取り残され、「こんな卒業公演の締めある~!?」と嘆いたが、最後まで笑顔で通した。

「産経WEST」のランキング