産経WEST

トラブルある近隣住民宅にごみ7トン投棄か 処理法違反容疑で74歳女を逮捕 神戸、10年以上継続?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


トラブルある近隣住民宅にごみ7トン投棄か 処理法違反容疑で74歳女を逮捕 神戸、10年以上継続?

 近隣住宅の敷地内にごみを捨てたとして、兵庫県警神戸西署は29日、廃棄物処理法違反(投棄禁止)容疑で、神戸市西区玉津町上池、無職、出石美智子容疑者(74)を逮捕した。出石容疑者は、この住宅の住民とトラブルになり、10年以上前から住宅敷地内などにごみの投棄を続けているとみられる。ごみの量は残っているものだけで計約7トンにのぼる。出石容疑者は「ごみは捨てておらず、まったく身に覚えがない」と否認しているという。

 逮捕容疑は昨年8月10日、被害者がごみ捨て場に捨てた生ごみ約4キロを持ち去り、被害者宅の玄関先に投棄したとしている。

 同署によると、被害者は出石容疑者宅の数軒隣に住んでおり、トラブルを抱えていた。10年以上前から敷地内に生ゴミや段ボール、プラスチックケースなどを捨てられるようになり、平成26年6月ごろ、同署に相談。昨年8月、玄関に設置した防犯カメラに出石容疑者がごみを捨てる姿が映っていたという。

 出石容疑者は昨年7月、被害者の肩をペットボトルでたたいたとして、同署に傷害容疑で逮捕されている。

「産経WEST」のランキング