産経WEST

【衝撃事件の核心】清原容疑者を破滅させたシャブ〝無間地獄〟 幻聴、幻覚、群抜く依存性…経験者が語る恐怖

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
清原容疑者を破滅させたシャブ〝無間地獄〟 幻聴、幻覚、群抜く依存性…経験者が語る恐怖

覚醒剤を所持、使用したとして逮捕され、世間に衝撃を与えた元プロ野球選手の清原和博容疑者。「一度使えば人生を破滅させる」といわれる覚醒剤。依存の〝無間地獄〟から抜け出すには… 覚醒剤を所持、使用したとして逮捕され、世間に衝撃を与えた元プロ野球選手の清原和博容疑者。「一度使えば人生を破滅させる」といわれる覚醒剤。依存の〝無間地獄〟から抜け出すには…

 一度手を出すと抜け出せないのか。覚醒剤を所持、使用したとして、元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)が警視庁に逮捕された事件の衝撃がおさまらない。清原容疑者はこれまでも水面下で薬物疑惑が取り沙汰されていた。誘惑を断ち切るチャンスが何度もあったにもかかわらず、後戻りすることができなかった。高校時代からスター選手として華々しく甲子園で活躍し、プロ入り後も球界を代表するスラッガーとして名をはせながら、現役時代から薬物を使っていた疑惑まで飛び出している。もはや「栄光の軌跡」は泥まみれだ。薬物の中でもとりわけ依存性が高いとされる覚醒剤。実際にどんなメカニズムで依存を深め、どんな悪影響を人体に及ぼすのか。薬物の専門家や関係者が語る覚醒剤の〝無間地獄の恐怖〟とは-。

ドーパミン分泌…快感の記憶

 「覚醒剤は薬物の中で群を抜いて恐ろしい。脳に直接作用するため、覚醒剤への欲求が異常に高まり、そのためには人殺しさえ厭わなくなる。しかも影響は半永久的に消えず、いつ覚醒剤を求めるフラッシュバックが起きるか分からない。たった1回使っただけで、人生を破滅させてしまう」

 近畿大薬学部の川畑篤史教授(病態薬理学)は、こう語気を強める。

 川畑教授によると、覚醒剤は体内に取り込むと、脳内のドーパミン神経細胞に作用し、ドーパミンが強制的に放出される。

 ドーパミンとは「脳内麻薬」「快楽ホルモン」とも呼ばれる神経伝達物質。勉強やスポーツなどの「動機付け」の効果があるが、過剰に分泌されると快感をもたらす。これが、覚醒剤による精神的な依存を生み出す。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング