産経WEST

福井で新種の恐竜化石発見 二足歩行の獣脚類 学名「フクイベナートル」は鳥のご先祖

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


福井で新種の恐竜化石発見 二足歩行の獣脚類 学名「フクイベナートル」は鳥のご先祖

フクイベナトールの復元模型(荒木一成氏作成、福井県立恐竜博物館提供) フクイベナトールの復元模型(荒木一成氏作成、福井県立恐竜博物館提供)

 福井県勝山市で約1億2千万年前(白亜紀前期)の地層から見つかった恐竜の化石が新種と分かり、同県立恐竜博物館が26日発表した。2足歩行で肉食の「獣脚類」の小型で、鳥の祖先に当たるコエルロサウルス類。恐竜が鳥類に進化する過程の解明が期待できるという。東洋一特別館長ら6人の論文が英国の電子版科学誌に掲載された。

 化石は平成19年8月に見つかり、上あごや頭骨(脳函(のうかん))、頸(けい)椎、肩甲骨など全身骨格の7割分に当たる約160点。成長途中の段階とみられ、全長2・45メートル、体重25キロと推定。歯がこれまでに見つかっている獣脚類ののこぎり形とは異なり、円錐(えんすい)形という点で新種と判定された。

 長い首や靱帯(じんたい)があり、鳥類と同じくらい敏感な聴覚である一方、平衡感覚をつかさどる三半規管は獣脚類の特徴で、羽毛を獲得した最初の獣脚類であるコエルロサウルス類に分類した。

 学名は「フクイベナートル・パラドクサス」。ラテン語で「逆説の福井の狩人」の意味で、進化的な特徴と原始的な特徴とをあわせ持っていることから名付けたという。

 東特別館長は「鳥の起源といわれるコエルロサウルス類の進化の理解に大きく貢献する」と話した。化石は同博物館で展示される。

このニュースの写真

  • 福井で新種の恐竜化石発見 二足歩行の獣脚類 学名「フクイベナートル」は鳥のご先祖

「産経WEST」のランキング