産経WEST

LINEでいじめ、高1女子自殺 身体的特徴からかいや「レスキュー隊呼んどけよ」…熊本の調査結果、自殺の直接原因と認めず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


LINEでいじめ、高1女子自殺 身体的特徴からかいや「レスキュー隊呼んどけよ」…熊本の調査結果、自殺の直接原因と認めず

 熊本県で平成25年8月、無料通信アプリ「LINE(ライン)」の書き込みでいじめを受けた熊本市の県立高校1年の女子生徒=当時(15)=が自殺した問題で、高校の調査委員会は26日、ライン上の脅迫的な書き込みなど五つの行為をいじめと認定したが、自殺に直接的な影響を与えたとは認めがたいとの報告書を公表した。

 調査結果を受け、熊本市で記者会見した生徒の母親は「娘の死は100パーセントいじめが原因と思っていたのに、納得できない」と批判。報告書作成に時間がかかったとして、学校側に不信感を示した。

 調査委などによると、生徒は25年4月に入学、寮生活を送っていた。同年5~6月、同じ寮の同学年の女子生徒から、身体的な特徴をからかわれたり「レスキュー隊呼んどけよ」「逃げんなや」と脅すようなメッセージをラインで受信したりした。さらに、入浴セットを隠され、スマートフォンを無断で使われた。アルバムに落書きされたこともあった。

 調査委は自殺当時、生徒はうつ状態で「何らかの理由で自死に至った可能性が高い」と判断した。自殺に影響を及ぼした可能性がある要因として、いじめ以外にも寮生活や学校の対応、家庭などを列挙。調査委メンバーの弁護士は26日の記者会見で、いじめがなくても自殺していた可能性はあり得るとの見方を示した。 生徒は県内の実家に帰省していた同年8月17日朝、自宅で死亡しているのが見つかった。

「産経WEST」のランキング