産経WEST

【関西の議論】これはタタリか、市職員が事故・病気・汚職逮捕…信長由来「落ち武者の墓」の再開発で住民と対立の末

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
これはタタリか、市職員が事故・病気・汚職逮捕…信長由来「落ち武者の墓」の再開発で住民と対立の末

織田信長の軍勢から桑名の地を守ろうと戦った武者が眠ると伝承される「落ち武者の墓」(中央)。一帯は区画整理事業で宅地化される計画となっている=三重県桑名市 織田信長の軍勢から桑名の地を守ろうと戦った武者が眠ると伝承される「落ち武者の墓」(中央)。一帯は区画整理事業で宅地化される計画となっている=三重県桑名市

 『長島町誌』によると、永禄10(1567)年、信長は兵3万を率いて桑名一帯を焼き払い、矢田城もいったん落城した。しかし天正元(1573)年、石山本願寺と並ぶ反信長の一大拠点だった願証寺(がんしょうじ)の攻防で前線基地となった矢田城周辺は再び激戦地に。信長配下の羽柴秀吉(豊臣秀吉)や柴田勝家らの総攻撃で、矢田城は信長家臣の滝川一益が城主となり、翌年、願証寺も降伏した。

 信長の一代記『信長公記(しんちょうこうき)』には、願証寺に立てこもった本願寺派門徒2万人を焼き殺したとある。

宅地化される墓域

 こうした戦国史の舞台を今に伝える「落ち武者の墓」は、市が平成13年に計画した桑名駅西土地区画整理事業の区域(26・6ヘクタール)内にある。幅が狭い昔ながらの道路を広げ、都市型の住宅地に整備する事業で、数年前までに全区域の1割が先行建設街区として造成、宅地化された。

 この先行区域内には5~6基の墓域があったため、地元住民でつくる「落ち武者奉賛会」が整備前の19年12月、「落ち武者の墓の伝承が複数ある」とした申立書を市に提出した。これを受け市は墓域を試掘調査したが、最終的に「遺跡はない」と判定、宅地化を進めた。

 この結果、落ち武者の墓はこれらの墓域より約100メートル離れた開発予定地にある1基を残すのみとなった。

このニュースの写真

  • これはタタリか、市職員が事故・病気・汚職逮捕…信長由来「落ち武者の墓」の再開発で住民と対立の末
  • これはタタリか、市職員が事故・病気・汚職逮捕…信長由来「落ち武者の墓」の再開発で住民と対立の末
  • これはタタリか、市職員が事故・病気・汚職逮捕…信長由来「落ち武者の墓」の再開発で住民と対立の末

「産経WEST」のランキング