産経WEST

【サミットまで3カ月】伊勢神宮、海外メディアの取材10倍に 自然や精神性を評価

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【サミットまで3カ月】
伊勢神宮、海外メディアの取材10倍に 自然や精神性を評価

伊勢神宮内宮で取材する、フランスのメディア関係者ら=三重県伊勢市(門井聡撮影) 伊勢神宮内宮で取材する、フランスのメディア関係者ら=三重県伊勢市(門井聡撮影)

 伊勢志摩サミット(主要国首脳会議、5月26~27日)を3カ月後に控え、伊勢神宮(三重県伊勢市)を取材する海外メディアが急増している。各国首脳の参拝を視野に、日本の伝統文化への関心が高まった結果、件数は以前の約10倍に増加。神宮は平成25年の式年遷宮に続き、神道への理解を深めてもらう好機ととらえている。

 仏メディアも絶賛

 2月18日、サミット開催地の三重県をめぐるプレスツアーで、フランスの取材団5人が伊勢神宮を訪問。事務を担う神宮司庁の職員に境内を案内され、手水などの参拝作法を体験した。

 仏紙ルモンドのメスメール・フィリップさん(43)は「樹木や川の音が美しく、すごく良い雰囲気。静かな中でも、しっかりと鼓動を打つ日本のハートを感じる」と絶賛した。

 神宮によると、これまで月1件程度だった海外からの取材は開催が決定した昨年6月以降、月平均約10件にのぼった。英BBC放送のほか、イスラム教徒の多いクウェートや仏教国タイの報道機関、露航空会社の機内誌も訪れたという。

 安倍晋三首相は開催地発表の際、日本の伝統文化の象徴として伊勢神宮に言及。三重県の鈴木英敬知事も各国首脳に参拝してもらうよう政府に働きかけており、海外メディアの関心を集める要因となった。

 「Jingu」に統一

 宗教・宗派や国の違いを超えて、日本の神道文化をどう発信するのか。海外メディアの取材窓口となる神宮司庁広報課の音羽悟係長は「感じ方はまちまち。アジア人は境内の自然に、欧米人は精神性に関心があるようだ」と話す。

このニュースの写真

  • 伊勢神宮、海外メディアの取材10倍に 自然や精神性を評価
  • 伊勢神宮、海外メディアの取材10倍に 自然や精神性を評価

「産経WEST」のランキング