産経WEST

同僚殴り骨折 消防士2人を逮捕 いじめの可能性も 東大阪

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


同僚殴り骨折 消防士2人を逮捕 いじめの可能性も 東大阪

 大阪府東大阪市消防局の男性消防士が職場の先輩2人から暴行を受けて負傷した問題で、大阪府警布施署は24日、傷害容疑でいずれも中消防署に勤務する消防士長、西川雄大(28)=同府門真市島頭=と消防士、竹本紳悟(27)=同府八尾市福万寺町南=の両容疑者を逮捕した。2人とも容疑を認めている。

 逮捕容疑は2月2日午後6時過ぎから同10時半までの間、東大阪市内の飲食店で、後輩の男性消防士(24)の顔面を平手や拳で複数回殴り、頬の骨を折るなど全治約3週間のけがをさせたとしている。

 布施署などによると、両容疑者と男性消防士は当時、同僚2人と計5人で宴会をしていた。男性消防士は「先輩から暴行を受けた。たばこを押しつけてくることもあった」と話しており、同署はいじめを受けていた可能性があるとみて詳しい状況を調べている。

 市消防局によると、男性消防士が7日に別の上司に報告し、発覚した。男性消防士は療養のため現在仕事を休んでおり、両容疑者は自宅待機中だった。男性消防士が18日に布施署に被害届を出していた。

「産経WEST」のランキング