産経WEST

近大マグロ使ったグミ! 抽出コラーゲンで、味はフルーツ…UHA味覚糖と開発

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


近大マグロ使ったグミ! 抽出コラーゲンで、味はフルーツ…UHA味覚糖と開発

近畿大とUHA味覚糖が発売した、「近大マグロ」から抽出したコラーゲンを使った化粧品(左)とグミ2種 近畿大とUHA味覚糖が発売した、「近大マグロ」から抽出したコラーゲンを使った化粧品(左)とグミ2種

 近畿大(大阪府東大阪市)と製菓大手のUHA味覚糖(大阪市)は22日、近畿大水産研究所が完全養殖した「近大マグロ」から抽出したコラーゲンを使ったグミと化粧品を発売したと発表した。これまでは廃棄していたマグロの皮から、上質なコラーゲンの量産に成功した。近大マグロと企業のコラボレーションがさらに広がることになる。

 コラーゲンは約40キロの近大マグロ1匹から約100グラム抽出され、市販品の約2倍の保水効果があるという。食べて取り入れる「グミサプリ」と、唇を優しくこすって角質を落とすペースト状の化粧品「リップスクラブ」にそれぞれ配合した。

 グミサプリはミックスベリー味とピンクグレープフルーツ味があり、35グラム入りで希望小売価格は各648円。リップスクラブは20グラム入り1080円。ココカラファインが展開するドラッグストアで販売する。

 近畿大とUHA味覚糖は、今後も近大マグロを使った美容関連商品の開発を検討中。近畿大は、エースコック(大阪府吹田市)とも平成26年から近大マグロの中骨を使ったカップラーメンを販売するなど、商品展開を加速している。

「産経WEST」のランキング