産経WEST

吉村大阪市長、府市環境系研究所の統合議案を修正へ 自公反対に「理解を得られるよう努力する」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


吉村大阪市長、府市環境系研究所の統合議案を修正へ 自公反対に「理解を得られるよう努力する」

 大阪市の吉村洋文市長は22日、市議会で審議中の府と市の環境系研究所を統合する議案について、修正や追加提案を行うと明らかにした。「議会の理解を得られるように努力するのが市長の役目」と記者団に語った。自民、公明両党は修正内容をみて賛否を決める。

 市立環境科学研究所と府立公衆衛生研究所の統合議案は府議会で平成25年に可決されたが、市議会では橋下徹前市長時代に計3度否決された。吉村市長は「昨年11月の市長・府知事選挙で統合を訴えて勝利した民意」を背景に4度目の提案を行った。しかし、自公には「これまでに否決した内容と変わっていない」と反対意見が多かった。

 審議中の議案は、府市共同設置の新法人を作り両研究所を統合するため、市の研究所を廃止する内容。大気や水質などの検査業務を市に残す-といった修正案が出ているという。

「産経WEST」のランキング